小塩平和園 of kurume-ryokkacenter

_DSC0224鬼柚子.jpg


kojioheiwa.jpg

フルーツのぬいぐるみ揺れる果樹コーナーが名物。
その数、なんと100種類以上。

緑花センターのメイン道路に面し、果樹コーナーにフルーツのぬいぐるみ揺れる小塩平和園。柑橘類の50種を筆頭に、その数約100種類という随一の品揃えを誇ります。「温州みかん」や人気の「晩白柚(ばんぺいゆ)」、柚子、レモンなどの柑橘類から、梨、ぶどう、甘柿に渋柿、りんご、桃、ブルーベリーにさくらんぼ、いちじく、梅、栗、すもも、あんず、オリーブ、なつめ。さらに、それらのさまざまな品種があり、花や実、札を見るのも楽しい時間です。

大きめの果樹苗は、生産者の手間のかかった逸品。
実りも早く、いい実がなります。


歴史ある苗木の産地である久留米では、いい実りがあるかどうかは後になってわかることから「苗木を買うなら人を買え」という言葉もあるほど。そのためにも根がしっかりとした苗を揃えている小塩平和園。いい実がなると、お客様がお客様を連れてきてくれるといいます。買い方のコツはとたずねると、「小さい苗木は安いですが、実がなるまでに時間がかかる。多少高くても年数を経た果樹苗を買うと、いい実がなります。それまでに、生産農家の手間がかかってますから」と、小塩浩平さん。「育て方はいつでも気軽にお電話ください」というのも強い味方です。

_DSC0242果樹苗.jpg

柑橘苗はいろんな種類があります。




もうすぐ創業100周年。
老舗でありながらも、いつも新しい感覚で。

仏様の手のような「佛手柑(ぶっしゅかん)」や、料亭が器に使うという大きな「鬼柚子」、ひと玉1000円するものもあるという柿の品種「太秋(たいしゅう)」など、話を聞くもの楽しい果樹苗の世界です。その果樹苗を買いにこられて、植木もというお客様も多く、人気の園芸品種を常に探しながら生産から行っています。浩平さんは、実は大正時代創業の小塩平和園の四代目。曾祖父が16歳の時に始めた植木生産を受け継ぐ、若き後継者です。緑花センターの中で一番の老舗でありながら、新しい感覚にあふれた園は、もうすぐ100周年を迎えます。



Gallery  

佛手柑、りんご、鬼柚子、りんご、なつめ。
実のなる木はおもしろい!

_DSC0218佛手柑.jpg

_DSC0214りんごとる.jpg

_DSC0222.JPG

_DSC0224鬼柚子.jpg

_DSC0212.JPG

_DSC0237.JPG

_DSC0210苗木と若者.jpg

植えてから実がなるまでが早い
成長した果樹苗も充実です。




_DSC0229園芸種.jpg

新しい品種の園芸苗も人気です。



お店DATA

小塩平和園

福岡県久留米市善導寺町木塚214-24
くるめ緑花センター内
TEL 0942-47-3560 


植木・庭園樹
果樹苗

造園設計・施工