小塩平成園 of kurume-ryokkacenter

_DSC0170.JPG


kojioheisei.jpg

遠くは関西、四国からも
依頼がある造園の技。

見事な五葉松が出迎える小塩平成園。園主の小塩保次さんは、小塩平和園から平成になって独立した園。男三兄弟で、三人ともくるめ緑花センターに園を構えるという造園一家です。その技術に、遠くは関西、四国からの依頼で庭づくりにでかけるという保次さん。植木、造園のまちとしても、全国的にその名を馳せている久留米。大正時代創業という老舗で培われた保次さんの造園技術は、代々受け継がれてきたものです。



紅葉の美しさも手入れ次第だから伝授します。
秋は紅葉の名所です。

紅葉も夏の間の水管理が行き届かないと、枝先が枯れ上がってしまいます。「木は生き物ですから」という保次さん。植え込みの後は、お客様に1年の管理の仕方と、肥料や消毒の仕方、夏の「水鉢」というまわりに土手を気づいて水をためておく独特のやり方など、その技術を惜しげもなく伝えます。紅葉も手入れ次第。落葉する一ヶ月前から肥料を切り、夕方から葉への散水をたっぷりとやっている園の紅葉はことのほか美しく、秋は紅葉の名所となります。




_DSC0183奥さん.jpg

大きくなったら、写真をもって来てくれる方も。



生け垣用の植木や、
果樹苗も人気です。

植木を買って帰られた方が、「大きくなって、こんなに立派になったよと、写真をもって来てくださる方もいらっしゃいますよ」と話すのは、お店を守る○○さん。黄金マサキなどの生け垣用の植木や、ブルーベリーなどの果樹苗も人気で、実がなったとか、葉が紅葉したというお客様の声は何よりうれしいとか。春はしだれ梅につつじ咲く、花の名所でもある小塩平成園。ぜひ一度、おでかけください。お客様のご相談に丁寧にお答えします。


Gallery  

赤い実のなるヤマボウシやシマトネリコなど、
洋風の庭にもあう植木も多数あります。

_DSC0189やまぼうし.jpg
_DSC0169松.jpg
_DSC0173紅葉調整.jpg
doc20120312093642.jpg

_DSC0177だんなさん調整.jpg

以前植えた木を見に行くこともあります。




_DSC0190松.jpg

見事に手入れされた五葉松。
小さいものはさらに手がかけられた逸品。



お店DATA

小塩平成園

福岡県久留米市善導寺町木塚303-19
くるめ緑花センター内
TEL 0942-47-4035


植木・庭園樹
果樹苗

造園設計・施工