あすかグリーン of kurume-ryokkacenter

_DSC0126あすかグリーン鉢もって.jpg


asukagreen.jpg

和洋の植木がそろい、
春はつつじ、秋は紅葉に彩られる園。

生産から造園までを手がける、あすかグリーン。春は久留米つつじに、秋は紅葉に彩られます。「植木の種類も「洋のもの」と「和のもの」と決めることなく、和洋の垣根を超えた庭づくりを心がけています。家が洋風化した今、洋が中心の庭の中に和の植木や手法をとりいれることにより、ピリッと引き締まった庭になりますよ。」と、園主の小塩喜亮(よしあき)さん。


吉祥の植え方、選び方。
お客様に教えたり、教えられたり。

植木には、昔から吉祥の植え方、選び方がありますが、玄関や入り口には、魔除けとして柊(ひいらぎ)や柊南天を植えたり、また「難を転ずる」ということから南天(なんてん)を鬼門に植えたりと、そんな植物をめぐる言い伝えが、よくお客様との会話にでてくるという小塩さん夫妻。「その通りにすると、不思議と守られているような気がします」と、今の時代だからこそ、お客様に教えたり、教えられたり。

_DSC0131あすかグリーン松縦.jpg

木がこうなりたいという方向につくっていきます。



丁寧な手入れ指南は、寿子さんの役目。
何年かたって「あの木は大きくなったよ」といわれるうれしさ。

ご家族で来て、世代によって木の好みがわかれることも多い昨今ですが、喜亮(よしあき)さんは、その土地にあった樹種を選ぶことをすすめています。以前植えた庭の近くに行く時は、気になって寄ってみるとか。無事に大きく育っていると、帰りの疲れも吹き飛ぶうれしさだとか。店を守る寿子(ひさこ)さんは丁寧な手入れ指南が人気で、お客様から何年か後に「あの木は立派になったよ」といわれるうれしさがあるといいます。「木は生き物ですから」と目を細めるご夫婦のお人柄。お店の、植木の姿に映し出されています。

Gallery  

シマトネリコや、人気のトキワマンサクなども、葉の色違いなど、
いろんな品種をそろえています。

_DSC0140.JPG
_DSC0139.JPG

_DSC0122あすかグリーン笑顔縦.jpg

紅葉は見応えがあります。




_DSC0135あすかグリーンつつじ縦.jpg

春はつつじが綺麗ですよ。



お店DATA

あすかグリーン

福岡県久留米市善導寺町木塚214-24
くるめ緑花センター内
TEL 0942-47-1584

庭園樹・植木全般

造園設計・施工